2019/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

<< >>


今日は自宅に帰っている週。

 

息子を連れて千駄ヶ谷で開催されているHappy Birthday展

という催しに行ってきました。

2015年だったか文学フリマで知った絵本ジャミちゃんの作家

さんも参加しているっていうので。

 

当時あれだけ絵本好きだった息子もこの春で小学生になる

のでそろそろ絵本も食傷気味。最近は図鑑とか辞典に興味

持ってるしなぁ。ひょっとして退屈するかも?と思って

いたけど会場までの道中に千駄ヶ谷の富士塚に登り探検気分

を味わいテンション上がったせいか大丈夫でした。

やはり絵本そのものへの興味が薄らいでいるみたいだけど

絶滅したいきもの図鑑でテンションが更に上がったようで

催し中は終始ご機嫌でした。

クイズ大会中も自身が知っている知識をフル動員して博学

っぷりをアピールしていましたよ。

おまけに絶滅したいきもの図鑑を購入し図鑑にTレックスの

イラストを描いてもらって満喫していました。

 

またこういう催しには参加してみたいけど小学生になる

息子はどうだろうね。

 


先日の週末は自宅に帰りませんでした。

 

一人で何をするかと言うと・・・

 

音楽雑誌latinaを買いにディスクユニオンに。

アマゾンでこれを買うには2000円以上の買い物を

しないといけないもんなぁ。

大阪の紀伊国屋に寄ってみたけど売ってない。

タワレコじゃ売ってるんかな?昔住んでいた時には

latinaという雑誌自体見たことなかったしなぁ。

実際どうなんだろ?

 

せっかくユニオンに行ったので物色してみると

カーネーションの直枝がやっているユニットである

Soggy Cheeriosの1stを発見!2ndが欲しかった

とこだけどね。

そしてDCPRGのDCPRG3/GRPCD2も発見。

これ発売当時存在知らなくて知った時には初回限定

のライブ盤付きは売り切れだったんだよなぁ。

ということで2枚ともお買い上げ。

 

そして録画していた映画「アルゴ」、「PARKER」、

「ミッドナイトラン」と3本も観た。こんなに映画

観るの久しぶり。アルゴが一番面白かったかな。

ミッドナイトランは80年代らしくポラロイドカメラ

の出番がなんだか懐かしかったね。

 


JUGEMテーマ:音楽

父親と別れ帰路の途中、相模大野で妻と息子とも別れ

江の島に向かいました。

 

元々9月末に予定されていたカーネーションの江の島

ライブでしたが台風上陸の影響で開演数時間前に急遽

中止になったんですよ。

このライブを観てから転勤になるはずだったんですが

転勤してから35年目のカーネーションを観る事になり

ました。

中止になったものの振替公演として1月に設定された

のでね。夏ではなく冬のカーネーションのライブに

なったんですよ。

 

片瀬江ノ島に着いたら16:30を過ぎていて駅すぐ近く

の会場でもダッシュで向かい何とか間に合いました。

夕方だったので夕日がキレイでしたね。

 

 

そして開演、セットリストはこちら

【第一部】
01. OOH! BABY (直枝弾き語り)
02. Willow in Space(直枝&大田)

03.田園通信
04.蜘蛛のブルーズ
05.Girl
(直枝、大田、張替、ブラウンノーズ)

06.Electric Copmpany
(直枝、大田、鳥羽、張替、ブラウンノーズ)

07.長い休日
08.Hey Mama
09.ビッグ
(直枝、大田、棚谷、鳥羽、張替、ブラウンノーズ)

【第二部】
10.感謝知らずの女(大田、鳥羽、棚谷、張替:井上陽水カヴァー)
11.骸骨と貨物列車(直枝、ブラウンノーズ)

12.いつかここで会いましょう
13.サンセット・モンスターズ
(直枝、大田、棚谷、鳥羽、張替)

14.Future Song
15.The End of Summer
16.Edo River
(直枝、大田、棚谷、鳥羽、張替、ブラウンノーズ)

■アンコール
17.市民プール(直枝Vo,AG+大田Cho)
18.VIVRE(直枝、大田、張替、ブラウンノーズ)
19.Garden City Life(直枝、大田、棚谷、鳥羽、張替、ブラウンノーズ)

■アンコール 2
20.Speed Skate Sightseeing
21.夜の煙突
(直枝、大田、棚谷、鳥羽、張替、ブラウンノーズ)

 

アコースティックと言いながらすぐに電化したいつも

の内容に。旧メンバーの棚谷と鳥羽も参加。矢部も

いればなぁ。その代わりではないけどブラウンノーズ

が参加。ブラウンノーズは直枝のソロ作で存在は知って

いたけど初めてみた。

棚谷と鳥羽を引き立たせる為かあまり目立った演奏では

なかったけど素晴らしいバッキングでした。

トランペット、キーボード、ギター、ベース、パーカッション

と様々な楽器での演奏もさることながら、新しい感覚での

パフォーマンスには思わず「おお!」と声が出ました。

The End of Summerの時だったかな。

 

Edo Riverのような代表曲も最新曲も昔のThe End of Summer

も聴けて満足でしたね。最後は演奏終えて楽屋に戻ろうとするも

楽屋の鍵がかかってしまい戻れず止む無くもう一度アンコール

となりましたよ。

 

物販では多大な貢献だったブラウンノーズの作品を。

CD-Rというのはしょうがないけどタイトルも収録曲も手書き

というのは笑ってしまった。内容は面白かったですよ!




先週の土曜には父親が所用で東京に来るというので昼食を

一緒にすることに。

 

霞が関で用事というので品川駅でお出迎え。その後銀座に

移動して昼食。

関東に住んでるけど(絶賛単身赴任中だけど)銀座で食事

なんて独身時代にカメラ仲間を食べて以来なので全く土地勘

が無い。

ぶらっと歩いていると銀座カレーが発売25周年という事で

スタンプラリーを開催していた。その冊子を貰ってぺらぺら

捲っているとカレーの店が掲載されていたのでそこにしよう

と向かいましたよ。

 

そこはハイアット セントリックという高級ホテルでしたよ。

そんなホテルのダイニングが銀座カレーを使用したオリジナル

カレーを提供していたのですが高級感たっぷりでしたね。

海外からの宿泊客や土曜日なのにビジネスランチなどゆったりと

した時間を過ごされている方々でしたね。

 

場違い感たっぷりで他の店にしようかと思ったのですが今更

知らない土地で店を探すのも難しいので諦めて席に案内される

のを待ちましたよ。

 

息子には味が濃すぎると思いお子様ランチ的なメニューはある

のか?尋ねてみるとメニューにあるよ、という事なので一安心。

しかしキッズメニューはコース提供で3000円オーバーだった

のですよ。

前菜としてパン、スープが登場しメインはハンバーグ、海老フライ

、フライドポテトにオムライスのワンプレート。

最後にデザートでした。

そんなキッズメニューですが息子には味が濃すぎたようでポテト

と海老フライ以外は箸が進まない模様。

量も沢山あったので私と妻で残りを食べました。

確かに子供には濃厚かなぁと思いましたが大人には無茶苦茶

美味しい味でした。

ハンバーグってこんなに複雑なハーモニーだったっけ?

 

大人のカレーは銀座カレーを使用した焼きカレー。

こちらも美味しかったです。このメニューはイベント当日のみ

1500円で他の日は2000円するらしい。

 

食事を済ませてから父親の所用先まで道案内。

霞が関ビルってどこ?とグーグル検索しながら歩いていると文科省

じゃんか!そして今更ながら、ここって霞が関だったんだ!

道案内をしながらも思いっきり観光を堪能しましたよ。

ビルの最上階から見える東京タワーは感慨深いものがあったね。

 

父親の所用は夕方からだったのでここでバイバイ。

(昼食だけでなく泊まってくれても良かったんだけどね。

 たぶん夜に所用が終わって私の自宅まで電車乗り継ぎが出来ない

 と泊まるのを諦めたのかな)

 

そして私達家族は帰路に向かうのですが、私はカーネーションの

江の島ライブの為相模大野で別行動となりました。


JUGEMテーマ:音楽

カーネーションのレーベルからメールが来てた。

延期になってた江の島公演のことかなぁと思ってたら

Galen Ayersの来日公演情報だった。

誰それ?と思ったけどAyersってあのKevin Ayersの親族

なんかなぁと調べたところ娘さんのようです。

 

写真は90年代に買った92年来日公演の海賊盤。どうやら

この写真の女の子がGalenのようです。この写真がいつの

写真か分かりませんが70年なのかな。であればGalenは現在

40歳ちょっとぐらいなのかな。あの女の子がなぁ大きく

なったもんよ。

 

そのGalenは東京、大阪、京都に滋賀や徳島で公演を

行うとのこと。ほんで京都と東京公演はカーネーション

の直枝がゲスト参加するって!

Kevin Ayersもカーネーションも好きなので行こうかなぁ。

 

あ、年末年始でCD結構買いました。

年末は・・・

・東京キューバンボーイズ

・CESAR CAMARGO MARIANO & CIA の77年再発

・ITIBERE ORQUESTRA FAMILIA の再発

・Eric Dolphyの63年未発表音源

・Egbert Gismontiの最近の海賊盤

年始は・・・

・Carol Sloaneの来日公演実況録音盤

・笠井紀美子のトーキョースペシャル

・Robert Wyattの90年代に発売された2枚組ベスト

年始は買う予定なかったけど実家への帰省を終えて

単身赴任先に戻る途中、新大阪から梅田への乗り換え

ついでにフリーペーパーのJazz Westを入手するだけで

ユニオンに寄ったら中古盤を3枚買えば10%オフって

言うしね。


今年も今日で終わり。

平成最後の大晦日ですね。


今年はやはり10月末からの単身赴任が

一番大きな出来事でした。

16年振りぐらいの大阪勤務。知ってる

土地とは言え単身ではしんどい。

手当てが支給されるので月に3回は自宅

に戻る事が出来るのが幸い。

自宅に帰らない週末はレコ屋巡りをして

いるのは昔から変わらない習慣かな。


そんな単身赴任ですがアクシデントも。

・家内から生活費を貰うのを忘れて2千

 五百円で2習慣過ごす。

・スマホ決済のiDの設定を誤って変更して

 しまい無効になる。

・ノートPCで無線LANのアイコンが消えて

 色々調べて、サポートにも問い合わせた

 挙げ句再インストールになったものの、

 再インストールが出来ない!結局保証

 期間中だったので修理に。


これ全て12月中盤に起こった事。

年末にノートPCが無いのはしんどいなぁ。

しかしスマホとタブレットで何とかやって

いけるか。


年末休みは

1日目:ピアソラの映画とオーニソロジーの

    インストアライブ兼サイン会。

2日目:息子を連れて町田のnoodles。

3日目:また町田でカーペットを新調。

と何かと動いてました。

正月も2日から広島に帰省して、その後家内

と息子は神奈川まで。私は新大阪で途中下車

とい行動です。



単身赴任生活も一か月が過ぎました。

 

家族と離れて生活するのは寂しいですが、サラリーマン

なんでしょうがないですよね。

 

当初は毎週日曜日に数日のストックを作るようにして

いたものの神奈川の自宅から日曜日の夜に移動してから

の料理だと大変だし食材も余ってしまうと勿体ないので

自宅に帰った際には奥さんに作り置き料理をお願いして

冷凍+保冷剤で移動していますよ。

 

引っ越して1週目は帰らなかったけど3週連続で自宅に

帰ってて、今週は帰らない週。

奥さんが好きなじゃりン子チエがディスクユニオンで

コラボしたトートが欲しいとの事なのでユニオンに。

生憎売れ切れとの事で予約注文に。せっかくなので店内

を物色していると・・・

*アストル・ピアソラの【五重奏のためのコンチェルト】

*フィル・アップチャーチの【ダークネス・ダークネス】

*ローランド・カークの【Dog Years In The Fourth Ring】

を発見!

中古なので3つ(カークが3枚組なので5枚か)合わせても

3000円程度で良い買い物。

 

単身赴任生活の準備をニトリで済ませたのですが、やはり

買い忘れがたくさんありました。

100円ショップで済ませる事も出来るけど、それなりの

お金を出さないと満足出来ないアイテムもあるので無印良品

に向かう。ルクア?というビルに入っている無印はアイテム

少ないもののモップを購入。自宅ではダスキンだけどありゃ

やはり品質良いよね。単身赴任でダスキンってのは無理が

あるのでね。単身赴任だと掃除機かけるよりモップて掃いた

方が楽だし早いよね。

そしてMARKS&WEBにも。自宅で洗顔石鹸はここのを使用

しているのでね。あと櫛。自宅は江戸屋のを使用している

のだけど単身赴任用に買い忘れていて100円ショップで間に

合わせてたけどイマイチ。ここで豚毛の櫛があったので良い

買い物。江戸屋程の満足感は無いけど値段的に十分。

 

今日は大人しくしているはずだったけど再びユニオンに。

毎年年末恒例の冊子?の無料配布をもらいにね。12/1から

配布だと思い込んでいたけど12/2からだったんじゃね・・・

今度webで注文する際に合わせてでも良かったけどうっかり

するとあっという間に無くなるので致し方無いよね。

今日は中古盤漁りも無し!

 

そうそうインディアンカレーで昼食したよ!

昔住んでいた時も大好きだったしね。11時ちょっと過ぎに

行ったら店内いっぱいで行列の2番目に。卵入りを注文して

あっという間に平らげて店を出ると行列はもっと増えてた。

あ〜美味しかった。

 

 

 

 


JUGEMテーマ:音楽

 

単身赴任生活も6日目。

本当なら愛する家族の元に帰りたい所だけど

毎週毎週帰っていてはお金が足りない。

いくら手当がもらえると言ってもね・・・

 

そんな中、今日はカーネーションのライブが

大阪であるじゃないか!

家に帰れないならライブじゃ!

バンド結成35周年で日比谷野音ライブが夏に

開催されたのは記憶に新しいが、東名阪ツアー

も開催っていうのでね。

 

東名阪それぞれでゲスト出演があるようですが

大阪は浦友恵と山本精一。

山本精一のギターはカーネーションにとって

異質な音なので凄く新鮮に聴こえた。

浦友恵のバリトンサックスは残念な事にしっかり

と聴こえなかった。最大でギター3本、ベースに

キーボードの電子音が大きすぎて低音のバリトン

が負けていたように思う。

 

今回の編成は5人時代のメンバーが勢ぞろいで

何だか新鮮。この編成だと97年だったか98年の

ブービーツアー以来かもしれん。俺の場合。

気心知れたメンバーなので演奏に問題は無し。

楽曲も新旧織り交ぜて懐かしくも新鮮な時間を

過ごす事が出来ました。

 

今回のライブでアクシデント発生。

物販の新作Tシャツが配送間違いがあったようで

開演前に到着していない!結局はライブ最終版で

到着。終了後にはスタッフが段ボールから出し

ながら明るくない照明の下Tシャツの色を確認

しながらの作業となりました。

日比谷野音で発売されていたパンフと新作Tシャツ

を買って帰りましたとさ。

 


という事で単身赴任生活となりました。

 

いやぁ家を買うと異動というサラリーマン

あるあるはホントですね。

新築(1.5年目)と未就学児という身分なので

早めの7月末に内示を受けたのですよ。

 

断って居心地が悪くなるのも嫌だし、転職

する度胸も無いので単身赴任を選択ですよ。

 

子供は神奈川で生まれ幼稚園も年長なので

この時期から幼稚園編入というのも酷だしねぇ。

幸いに近所には同じ幼稚園の子も多く近所づきあい

も良好なのでねぇ。

 

そして関東、腐っても首都圏という立地は大きいの

かもしれん。

ライブは和洋東西さまざまなミュージシャンが来日

公演を行ってくれるので、エグベルト・ジスモンチ

やエルメート・パスコアールというレジェンド級に、

今は亡きトゥーツ・シールマンスまで見る事が出来た

のは本当に幸せだった。

 

あと大磯市の存在もデカい。

あそこで知り合った美味しい食材は他では入手出来ない

と思う。シュバイエハクセには衝撃を受けたし、安田

バーガーの質と量には度肝を抜かれたし、リーさんの

パンは本当に旨いし、蜂蜜はお高いけど納得の価値だし、

おでん種もいい味している・・・

(多分探せばもっとおいしいのは有るんじゃろうけど)

 

幸いに単身手当で月に3回は帰省出来る金額が入るので

愛する家族にも会えるしね!


Farewell again please come back someday
It's getting harder every time I have to say
Goodbye
Oh fare you well
So many feelings I know we share
Like being here and wanting to be there
And when you're asked where that is you
Say you don't know
It s just somewhere else and you have to go
So you go
You always go, where do you go

So many choices you have to run
Because when life is made too easy
It s much harder to simply have fun
Now you're always on the run
You panic when someone tries to unfold you
Scream for the dream that seems to hold you
You want to give love but only on condition
That it's on your terms and that position is lonely

This I know
Don't get me wrong
I'm not pushing you down
Or trying to change your mind
Your problems are my problems too
And I'm talking just as much to myself
As I am to you

Farewell again please come back someday
It's getting harder every time
I have to say goodbye
Fare You Well
Fare You Well
Fare You Well

JUGEMテーマ:音楽