2017/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


JUGEMテーマ:音楽

カート・ローゼンウィンケルのライブに行ってきました。

関東にきて10年になるけど初のブルーノート。

初めてかぁ。コットンクラブ、モーションブルー、ビルボード

には何度も行ってるのにね。

おまけに骨董通りのbrift-hには何十回も行ってるのに。

 

さて、ローゼンウィンケルですが実は何にも知らなかった。

アルバム出ても全く気にならなかったけど来日するで!と

いう情報が出てメンバーにアントニオ・ロウレイロや

フレデリコ・エリオドロが含まれていたのでここで一気に

気になる存在に!

 

どんな音楽かと思いこのメンツでのライブ映像がyoutube

にアップされていたので見てみると・・・

とんでもない音楽じゃねぇか!

https://www.youtube.com/watch?v=A0dX67kbvyE

 

早速ユニオンで注文し予習して臨みましたよ。

CDはローゼンウィンケルほぼ一人による多重録音で

あまり上手い演奏ではなかった。

ライブでは

ギター+キーボード+ボーカル:ペドロ・マルティンズ

ピアノ+コーラス:オリヴィア・トラマー

ベース+コーラス:フレデリコ・エリオドロ

パーカッション+キーボード+コーラス:アントニオ・ロウレイロ

ドラム:ビル・キャンベル

という編成でドラム以外はコーラスも出来て高音+低音の

組み合わせがとんでもなく美しかった。

特筆すべきはペドロ・マルティンズ。まだ20代前半の若さで

ありながら歌も上手いしギターも上手い。ひょっとしたら

ローゼンウィンケルいらないんじゃないのか?と思わせる

ぐらいのセンス。

 

しかしローゼンウィンケルという中心人物のおかげで

芸達者のメンバーがスタンドプレーに走らずバンドして

まとまったパフォーマンスになったのかなぁと思いましたね。

 

そうそう座席が会場入口近くだったのでメンバーの入場と

退場がまる見えで退場の際にはメンバー全員とハイファイブ

することが出来ましたよ。

 

そしてライブ終演後のサイン会にはローゼンウィンケルの

アルバムにメンバー全員のサインをもらい、せっかくなので

持参していたロウレイロのアルバムにもサインもらっちゃった。

こんなことならエリオドロもCD買っておけば良かった。

フィジカルなくてダウンロード購入だったんよね。

 

 


茅ヶ崎のokebaで漆の軽量スプーンを購入しました!

同じ漆でもランチョンマットとか弁当箱が良かった

けど値段が値段だったので・・・

 

前からコーヒー豆用のスプーンが欲しかったけど

所謂普通のプラスチック製のを使っていました。

まぁそれはそれで使えたんだけどね。

 

これなかなな良いのではないでしょうか?

 


引っ越しました!

転勤ででもないのですが家を買ったから!

ローンはかなりあるので退職金で、または

死んで相殺ってとこか。

 

駐車場に庭付き!庭のスペースも居住空間

にした方が良かった気もするけど実家は

庭無し駐車場無しだったので憧れだった

のですよ。

 


JUGEMテーマ:音楽

エルメート・パスコアールの来日公演に行ってきました!

 

前回の2010年来日公演が素晴らしく是非とも、また来て

欲しい!と願っていたのでチケット販売と同時に申し込んで

いたんですよ。

 

前回は孫ほど年の離れた新妻もメンバーだったけど今回は

同行せず。ほんでSAX奏者が死去されたようで若手に変更。

ドラムはグルッポを離れたようでベース奏者イチベレの息子

が参加。イチベレとピアノのアンドレ・マルケス、そして

パーカッションを担当するパスコアールの息子が核なので

ここが同じであれば問題無し。

 

パスコアールは80歳と高齢だけど演奏は問題無いし、

ライブ中にワイン飲んで酔っていたのか水は被るわ、客席

から客をステージに上げて演奏させるわやりたい放題。

 

ライブは2daysだったもののイチベレとイチベレの息子

は日本に残りワークショップを開催。運良くブラジル大使館

でのワークショップに参加する事が出来ました。

と言っても見るだけででしたが。

ワークショップ後にサイン貰えたし2ショット写真にも応じて

もらえて無茶苦茶ラッキーでした!

 

 

 


JUGEMテーマ:音楽

先日アンドレ・メマーリが来日してましたね。

残念ながらライブには行けませんでしたが、

ブラジル大使館で行われたSAMBA 100年の歩み

という催しには参加することが出来ました。

 

わしゃ生まれて初めて大使館なる建物に入ったわ。

催しは大使館の人からなんだかんだ説明があり

メマーリ本人がキーボードでブラジル音楽を演奏

したり解説したりとなかなか興味深いものでした。

 

何故か写真も撮り放題だったし、終了後は紙コップ

ながらもワインが飲み放題たったりと大盤振る舞い

だった気がしましたね。

 


JUGEMテーマ:スポーツ

なんとダラスは10連勝!

開幕戦こそ落としたけど破竹の10連勝じゃもんなぁ。

エイクマンの頃から見てるけどこんなに上手く行く

シーズンは無かったなぁ。

 

開幕前にロモが骨折で長期離脱し慌ててサンチェス

を獲得し何とか凌いで行くのかぁ今年もと思った

けどね。

 

指名した瞬間からある程度活躍は約束されていた

ドラフト1位のエリオットは当然だけど来年以降ロモ

の控えになれば御の字だと思っていたプレスコット

が想像以上の出来で新人二人でチームを牽引しとる。

 

エリオットはシーズン1000ヤードラッシュ到達し

プレスコットはレイティング100を依然としてキープ

してるしインターセプトは僅かに2つ。

 

今シーズンは楽なスケジュールだけど敵地でグリーンベイ、

ピッツバーグに勝ち、ホームではボルティモアにも勝って

いるのは凄いわ。序盤劣勢でも耐え忍び決して諦めずに

綻びを見つけ一気に崩壊させる・・・

 

もちろんリーグ屈指のOLとTEのウィッテンが素晴らしい

のはもちろん、エースWRブライアント、短いパスは

ビーズリー、ロングにはウィリアムスもいて安心。

 

守備は相変わらずだけど健康なリーがいて、Sには

ジョーンズがいることでなんとかなってるなぁと思い

ますね。

 

連勝がいつ終わるかも分からないし連敗するかもしれない

けど今年は楽しいわ。

 


JUGEMテーマ:スポーツ

日本シリーズ終了。

幸先よく2勝したのになぁ。

・松山に守備固めを出さなかった。

・勝ちパターンにこだわり過ぎた。

・誠也が急速冷凍。

・温存していた新井が効果的ではなかった。

・日ハムの粘りに自ら墓穴を掘ってしまった。

というところかね。

あ〜優勝したかった。来年も狙うけど来年は

どうなるものか。

 

あ、黒田の15番は永久欠番になるとのこと。

そりゃ納得。旧市民球場で見た姿は忘れないで。

 


JUGEMテーマ:スポーツ

 

カープが優勝しました!

25年ぶりの優勝!

 

ここまで長かったなぁ。

91年に優勝した後に投手は北別府と川口

が衰え、佐々岡は年によって好不調の差が

大きく、若手は伸びてこない。

 

野手は前田、江藤が大きく伸びるも正田の

衰え、野村の負傷・・・

 

ちょっとでも勢いのある投手が出てくると

信頼という名の酷使&酷使ですぐに劣化が

始まる。

 

大きく伸びた前田はアキレス腱断裂という

選手生命の危機を負い、江藤も守備の際

イレギュラーバウンドで眼を負傷しパフォー

マンスが低下。

 

そしてFAで離脱していく。

そして逆指名。

 

資金のないカープは高騰する裏金や契約金で

勝負にならずドラフト中位〜下位候補レベル

しか獲得出来ない負のスパイラルで暗黒時代

に突入してしまう。

 

逆指名という希望枠制度撤廃から前田健太の

単独指名。

 

数少ない逆指名獲得の生き残りだった黒田の

成長。

 

ブラウン監督による意識改革。

 

などなどで少しずつ風向きが変わってきた。

 

その後野村謙二郎監督になり一度はブラウン時代

の意識改革が元通りとなったが前田健太、丸、

菊池などの素材重視ドラフトで着実にステップ

アップした若手の成長で負け越しながらCS初出場

を果たす。

 

そしてMLBにFA移籍した黒田の復帰、阪神にFA

移籍した新井がお払い箱となり復帰、MLBに定着

こそならなかったが3A屈指の評判だったジョンソン

に、将来確実にスターになると1年目から太鼓判

だった鈴木誠也らが思う存分に力を発揮して苦節

25年。やっと優勝できました!

 

片瀬、天野、山内、澤崎、梅津ら多くの屍を乗り

越えた先にやっとですよ!

 


JUGEMテーマ:音楽

ACA SECA TRIOの来日公演に行ってきました。

 

昨年末のピアノ・エラでアンドレス・ベエウサエルトの

演奏が素晴らしく彼も参加しているACA SECA TRIO

に興味を持っていた所、来日公演があるとの事だった

ので迷わずチケット購入して備えていました。

ただCDは廃盤になっているのか入手困難な状況で予習が

出来ない。

 

いろいろツイッターなどの情報でベストアルバムが出るとか

3rdアルバムを会場で販売するとか流れていたので当日買えば

いいかなぁと。

 

当日、タワレコに行ってみると今回の東京公演であるスキヤキ

トーキョーに出演するバンドのダイジェストCD-Rが特典で

もらえるとのことなのでまずはベスト盤を購入。

会場では3rdを購入。

 

ライブは良かったですね。スペイン語はさっぱりわからないし

予習もほとんどしていなかったのですが、それでもコーラス

ワーク、アレンジが秀逸だったので、あ〜こりゃ気持ちええわぁ

という感じ。

 

ライブ終了し次のセシリア・トッドの準備ができる幕間で

サイン会が開かれていてメンバー3人と握手してもらいサインも

もらいました。

ぐっど・ぱふぉーまんす!とボーカルとギターのファン・キンテーロに

言ったところ、ぱなな?と俺の拙い英語が通じない。ってかこの人

英語しゃべれないのかも?すかさず隣のアンドレスがフォローしてくれた。

 

アンドレスに、わしゃ年末のピアノ・エラに行ってあんたの音楽が

良かったんで今回も来たんよ。噂じゃピアノ・エラの音源をライブ盤として

発売するらしいけどホンマなん?と聞いたらオクトーバー!と答えて

くれました。これは楽しみですね。

 

ベスト盤といいながら2ndの全曲と1stから3曲を除いた全27曲とボリューム

満点。全曲解説と大意訳がついているのでスペイン語がわからなくても

歌の世界が理解出来るので助かる。

しかしベストなのに3rdとディエゴ・スキッシとの共演盤は収録されていない

というかなり中途半端なラインナップ。

日本語解説は助かるけどどの曲が1st収録なのか2nd収録なのかが一切書いて

いないという不思議なライナーになっている。まぁネットで調べると分かる

とは思うけど何か変じゃなぁと思いますね。

あ、内容というか音楽自体は素晴らしいので何の問題も無いです。

 


JUGEMテーマ:音楽

ラティーナのセールリストを見ていたらエリス・レジーナの

ボックスがラインナップされとる!

 

2012年初頭だったかなぁ。エリスの60年代と70年代の

それぞれのボックスが出るということでトゥーツとの

共演盤が収録されている60年代のを買ったんだった。

60年代のは2万オーバーで70年代までは手が回らん

かった。そしてすぐに廃盤というか初回限定なのか入手

出来なくなって時が経った。

70年代のがほぼ半額だったので即嫁に許可を得て注文

しましたよ。

 

キャリア最晩年のはボンバ・レコードのやユニバーサル

の再発で購入し続けているのでほぼコンプリートできた

んじゃないのかな。

(ダブりが少ないのは奇跡だと思う)